2006年02月15日

理屈の論理と感情の論理

 僕の友人に、ベジタリアンがいる。彼女はトルコに留学中に、屠殺場で豚が殺される現場を見た以来、肉は食べたくなくなったのだという。肉を食べずに何を食べているかというと、野菜である。肉の代わりに、野菜で栄養分をとり、大豆などで淡泊を補う。それはそれで大変健康な食生活である。ベジタリアンと自称する人達は、基本的に動物の肉は食べない。それは、生き物の命を殺してまで自分の食欲を満たしたり生命を存えさせることは、その人の倫理観に逆らうからである。

 このようなベジタリアンに対して、こう批判する人がいるだろう。「植物も生き物のひとつなのだから、植物を食べている時点で生き物を殺しながらそれを食べていることになるではないか」と。たしかに、植物も生き物である。命を殺して食べていることには変わりはない。ただ、植物まで食べないでいようとするなら、それはもう「よだかの星」になるしかない。そんな人生は選択せずに、大多数のベジタリアンは「動物の肉は食べない」というポリシーを守り通すのである。

 この論理は、どのように説明できるだろうか。
続きを読む
posted by かっしー at 02:04| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(1) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。