2006年04月22日

「やりたいこと」と「できること」

朝、寮の集会で僕が当番だったので、寮生の前で「就活と自分の方向性」の話をした。その中で、就職活動の胡散臭さについて、触れた。

就活で「自己分析」とかをやっていると、自分の言葉によって自分自身が定義されていくのがわかる。その言葉によってより強固な自分を得たというのは良い面だが、同時に、実際はそんな論理明快ではないのに…という抵抗感も感じる。たとえば、よく聞くフォーマットで「私はリーダーシップを取る人間です。なぜなら、大学のゼミでみんなを引っ張った経験があるからです」みたいなものがある。本来、その因果関係ははっきりしないものであるはずで、そんなに明快な論理で打ち出される性質のものではない。就活において、前後の文脈に沿わず、まるで決まりきっているかのように繰り出される自己PRは、あまりにも胡散臭すぎると日々感じていた。

それに対して、そのあと朝飯を食べている時に、寮の博士課程の先輩がこういう反論を言ってくれた。学問で論文を書く作業とは、自分がある限定条件を作って、暴力的なまでも、ぐいぐい自分の言いたい方向へ結びつけていくことが必要だから、就活でそういうプロセスが嫌だとか言ってると、学問こそ苦痛でしかない、と。

たしかに、その通りかもしれない。
僕は、まだまだ山に登り途中なので、自分が「言いたいこと」を新しく見つけて、論文を書く、という段階に行っていないので、正直わからない。いや、でも僕は反論したいな。学問は、就活に比べれば、まだ論理的な精緻さがあると思うんだけどな。たしかに自分の都合のいいように限定条件を設けて統計を出して、言いたいことへ持っていくのだろうけども、そこには数分の自己PRに比べれば、時間の余裕さと論理の整合性はあるからな。

学問が、自分に合うかどうかを判断するのは、難しい。
今回、僕は「できること」よりも「やりたいこと」によって道を選んだ。自分は器用貧乏なところがあって、それなりに何でもできてしまう。ただ、いつも「それなり」で終わってしまっていた。「それなり」で終わりたくない気持ちがあったから「やりたいこと」を選んだのだ。でも、そこでの自分の可能性を見極めるのは、修士の1年秋までで、修士に入ってからのその半年間が命だ、というアドバイスもいただいた。

とりあえず、僕は、今は何と言われようと、やりたいことをやる。
勉強しよう。
幸いにも、今僕は、勉強することが猛烈に楽しい。
posted by かっしー at 01:39| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

未来の自分へのエントリーシート

高校時代から、異常に興味ある分野があった。

政治哲学。特に、民主主義についての理念の問題について、僕は今まで考えてきた。高校時代に、プラトンの『国家』、オルテガの『大衆の反逆』を読んで以来、「民主主義」「市民」「大衆」というものが信じられなくなった。直感的に、10年後、20年後に民主主義は大きく変革を迫られると思った。それを自分のライフワークにしたかった。だから、大学院に行って、将来は研究職になりたいとずっと思っていた。

しかし、大学の現場は、相当にカビが生えていた。外部との社会性が欠如した空間。難しいことばかり書いて、誰も読まない論文の山。そこに目的意識などはない。社会貢献などを全く気にせずに、とにかく象牙の塔の中に引きこもって、おのれの研究を続ける学者達ばかりだった。大学のアカデミックな現場に失望しかけた。そんな時、ひょんなキッカケでLMIのインターンを経験をして、ビジネスの世界に強く惹かれることになる。学問とビジネスの決定的な違いは、やっていることへの「当事者意識」が強いか弱いか、だと思った。そのビジネスの「当事者意識の強さ」に強く惹かれたのだ。

 学者という職業は、可能な限りの客観性を求められるために、物事の当事者にはなりにくい。政治について研究している人でも、実際の政治問題や政治情勢に対して当事者意識を持って研究している人は少ない。大抵「何のために研究しているのか」という意識が欠如していて、自己完結的に終わってしまうのだ。

 一方、ビジネスの世界は、外部の世の中と強く結びつきながら、「こうしたい」という目的意識を持って仕事に取り組むことが要求される。その、ビジネスの当事者意識がもたらすエネルギーに、僕は強く惹かれた。それは、世の中を変革したり、世の中に対して影響を与えたりする時に絶対に必要な意識だと思った。

 では、ビジネスの現場で、「民主主義」というフィールドを考え続けられるような職はないかどうか、考え始めた。「民主主義」と言ってしまえば大袈裟だが、社会全般ではなく、ひとつの組織の中で、どのように個人が責任をもって、組織にどのように貢献するかという問題は、まさに民主主義における市民と国家の関係に共通するものがあった。そのため、組織変革・人材開発などに携わってみたいと思うようになった。その気持ちで2月、3月の就職活動を行った。言ってみれば、どこの企業にも人事部はあるわけなので、幅広い業界を見て回った。また、ゆくゆくは人材の方向に進みたいとはいっても、初めから人材系に進むのではなく、ビジネスの基本的なスキル習得を考えて、経営や金融を視野も視野に入れて就職活動を行った。

 就職活動は、順調に進んだ。大学院という選択肢はまだ充分考えられたので、そこまでシリアスにならず、気が楽だった。落ちて凹んだところもあるが、特に大きな失敗もせず、どんどん進んでいった。面接などは、非常にスリリングな楽しい場所だった。しかし、3月後半、某生命保険会社に囲い込まれて最終的にそれを断る段階になって、改めて本気で自分に問い直してみた。ビジネスなのか、学問なのか。

 ビジネスに進めば、安定した収入が望めるが、自分のやりたいことはほとんど出来ない。一方、学問へ進めば、自分のやりたいことはとことん追究できるが、教授のポストを得るのは本当に厳しいので、おそらく安定した職に就けるのは35歳以上になる。非常に難しい選択で、悩みまくった。もちろん、このフレキシブルなご時世に、今現在の決断がこの後の人生全てを決めるというわけではない。2年ほどビジネスに進んでから、学問へ戻るという選択肢もある。逆もありうる。しかし、ファーストキャリアはとても重要である。特に、文系の院に進むのは相当の覚悟が必要だろう。

 学問は、本当に失望に足ものなのか、思い返してみた。僕の学科は相当やる気ないのだが、世にはエキサイティングなことをしている学者はたくさんいる。先日、新学期の大学院のシラバスを読んだ。あれもこれもと興味がわいて、どんどん興奮してきた。自分はやっぱりここで勉強したいと思った。僕は、しっかりと目的を持った、世の中に対して当事者意識の強い学者になる。そう決めた。もっと根本的な、でっかい変革を自分の中で夢描いているのだから、それをビジネスという枠に当てはめて矮小化せずに、リスキーでもでっかく夢を持ち続けてみようと思った。学問の道へ進むことは、どんな企業へ行くよりもハードな道だと覚悟している。なにせよ、頼れるのは自分しかいないのだから。でも、そうやって学問の場にいることが、自分なりの付加価値を生み出す一番最適な方法だと思っている。

 相談に乗ってくれたみなさん、あたたかく見守ってくれていたみなさん、ありがとうございました。僕はこれから必死に頑張ります。


……といっても、大学院の入試はまだまだなんですけど。笑
posted by かっしー at 15:41| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。