2007年02月01日

NODA・MAP『ロープ』

title.gif

NODA・MAP『ロープ』を見てきた。2007/1/31昼(千秋楽)@シアターコクーン
例の如く当日券主義で、立見3500円。

こんなに強烈な舞台を、ぼくは観たことがなかった。
心臓に五寸釘でごんごん打ち付けられた感じだった。
ドタバタコメディと思いきや、かなりの社会派。
どうしようもないくらいの悲痛な現実をこれでもかと見せつける。
確実に「生」の演劇でしか出来ないリアリティがあった。

戦争を扱った作品はいくらでもある。そのほとんどは、悲惨な戦争描写を執拗に描くことによって、「戦争って、重いね。ひどいね。残酷だね」ということを訴えかけてくる作品だ。映画にしても本にしても舞台にしても。少し考えてみれば、戦争には全てを吹き飛ばして圧倒させるような生死の賭けがあるのだから、それを映し出すだけで心に迫るものがあるのは当然のことだろう。主題として扱いやすいと思う。でも、その地平からさらに、もっと深い本質的なところまで迫ってくるような、良質な戦争作品もある。『アンネの日記』『戦艦大和の最期』などの本は、戦争という極限状態の中での「人間」の本質的な部分を考えさせるし、やはり何度読んでも新しい発見がある。または、ただ戦争の悲惨さを描くだけではなく、その暗黒たる現実の中で、かすりとるように光り輝く希望を持たせてくれる作品もあるだろう。チャップリンの『独裁者』がまさにそうであると思う。今回の野田秀樹の舞台は、戦争の悲惨なリアリズムを、執拗なまでにありありと感じさせるとともに、最後にわずかな希望を託されるような、そういった良質の作品だった。

続きを読む……(ネタバレ有りまくり)
posted by かっしー at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。