2007年05月29日

映画「バベル」

babel_m.jpg

友人と「バベル」を見に行った。

豪華キャストの大がかりな映画のわりには、ありがちな感動ストーリーや大スペクタクルもなく、描かれる世界はいたって現実の自然な日常的世界。押しつけがましい主張も一切なく、かつテーマとしては非常に重く、考えさせられる真面目な映画だった。映画の中心テーマは「我々は相互に理解できない」というその一点である。このテーマで考えれば、この映画は静謐な悲劇であり、物語の姿勢は基本的にニヒリスティックだ。そういう意味では、そのへんのちゃちな感動モノドラマよりも圧倒的なリアリティがあるし、現代社会の孤独をめぐる問題を斬り込んでいく強さが感じられ、自分はとてもおもしろく見た。

続きを読む(映画を観た人を前提に書いています)
posted by かっしー at 02:15| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

近況報告をば

・この春から、京都の大学院修士課程に進学した。
 専門は政治思想。それ以外は何にも決まっていない。

・京都に移り住んで2ヶ月弱。
 東京を離れるのは初めてだったので、いまだにウキウキ旅行気分。

・京都の街は、やはり東京とは違う文化を随所で感じる。
 まだまだ行きたい所に行けていない。「いつでも行ける」と
 思っていると行けないから、思い立ったらすぐ行こう。

・大学院は、すべては自分次第。勉強するのが当たり前。
 ただ、勉強しなくても責任は全くないところが怖い。

・ふと気分が向いたので、筆を執って手紙を書いた。
 4時間くらいかかった。

・東京での交友関係やしがらみからスパッと離れて一新されたので
 わりと自分の時間が多い。いいことだ。

・バイト決まらず、貯金を切り崩しているが、もはや底をつく。
 個人的金融危機。
 
・院の先輩が言っていた「他者なき物には意味がない」という言葉が
 最近よく頭の中を回る。
 今の自分にとって「他者」って何だろうかと考える今日この頃。
posted by かっしー at 02:54| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。