2006年01月02日

正月に想う

 冬の、凛と引き締まった空気は大好きなのだが、正月の空気は、ストーブで温めすぎた部屋ような、気だるさと漫然な感じが満ちていると思う。それはただ自分が暖かい部屋の中でぬくぬくしていることが多いからなのだが、実家で突然与えられた時間に、家族や親戚と一緒にテレビを見たりおせちを食べたりするだけで、どこか内実がともなわない。締まらない。統一感がない。「めでたい」「おめでとう」と連呼されるけれど、全くめでたさを感じない。何がめでたいのか…と、ひねくれて考えてしまった。

 昔は、今と違って年齢が数え年だったから、正月が全ての人の誕生日だった。1年の一番初め。もっと言えば、昔は日が変わるのは日の出の瞬間だったから、「明けましておめでとう」とは、本当に太陽が明けたからこそ新年になって、自分達の誕生日を祝うという挨拶だった。調べてみたら、「めでたい」は「芽出度い」=芽が出る、からきているそう。旧暦では、今の2月中旬だから、冬ももうすぐ終わりという時期。春の生命の息吹を喜ぶ気持ちも、そこに託したのだろう。

 おそらく、今の日本人には、時間は連綿と続くものだという認識がどこかにあって、昔の人のような「区切り」の感覚が薄いのだろう。去年をしっかりと締めくくり、新しい年の初めに抱負を掲げる。自分を顧みるその精神性の中で、正月を感じてみたいと思う。テレビを漫然と見るのではなく、バーゲンに繰り出すのではなく、たとえば、寒さの中で茶を飲むような、静かにも厳しさのある空気の中で。
posted by かっしー at 15:02| 東京 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり違う。
別格だ〜〜
Posted by くわまん at 2006年01月02日 16:53
 たしかに、親戚が集まりだらだらと飯を食らうぬるい空間と、無駄に「おめでとう」と繰り返す正月のテレビに違和感はかんじてしまうよね。
 でもとりあえず・・・、そんなかっしーだからこそ、あけましておめでとうございます。新年を研ぎ澄まされた空気の中ですごすかっしーに乾杯!
Posted by horinouchi at 2006年01月02日 23:24
Happy new year!
Last week, I visited to Kansai! It was very nice experience. I met Ayako, Reina, Yukari, Kubota, Changyong, Hyesun in Osaka. We gathered on 27th night, and had a dinner together. Are you envious? :)

Anyway, I want to go to Kanto and to talk with you all night! I really miss you~~~. If you have the time, please mail me~.

greenmilk@naver.com

I'm really curious about your news.


Happy new year again!
Posted by Se at 2006年01月03日 03:08
ps. Ah, my younger brother will attend to Azabu public highschool since next april for exchanging student service. Have you heard about that school??
Posted by Se at 2006年01月03日 03:09
おう。鹿島。久しぶり〜。
正月実家にかえって今東京に帰ってきました。
また今度話すけど今回の帰省はかなり有意義なものだった。
これからの俺の人生に少なからず影響を与えたね。
色々考えることも多いがそれをいかに現実に応用できるかってとこが一番大事なんだろうね。
改めてそれを再認識したって感じ。

じゃあ、あけましておめでとう!
Posted by かめ at 2006年01月03日 07:46
みなさん、コメントありがとう。
あけましておめでとう。

上のエントリーではちょっと気取って格好いいことをほざいていますが、所詮おれなんか、ケータイのアプリに元々ついていたドラクエ2でハーゴンの城まで辿り着けないチキンであります。。

>くわまん

「別格」って、何が別格?
全然別格なんかじゃないよ。

>horinouchi氏

今度、静かに茶でも飲もうー
禅について真剣に話を聞きたいな。

>Se

Thank you for your comments!!
TOO ENVIOUS!!
and, AZABU!!
I have many friends in that high school!!
OK, soon later, I'll write to you...

>かめ

親といろいろ話したのかな?
おう、今度会う時を楽しみにしてるわー
Posted by かっしー at 2006年01月04日 01:38
はろー。暖房つかない部屋でジャンパー着てぱちぽちやってる貧乏人です。元旦からバイト続きでした>"< 喪中だから「あけまして〜」も言えませんでした。。。

そんな正月っぽいこと何一つしてない私と一緒に、中国人っぽく、旧正月を祝ってみません??
今年は1月29日ですよん。
Posted by あゆむ at 2006年01月05日 00:23
>あゆむ
バイトおつかれさん。
茶道の世界は旧暦を基準で考えることが多いんですよ。
だから、先生が旧暦について色々教えてくれます。
いいね、たしか韓国人も旧正月だった気がするな。
じゃ、祝おうか。思いっきり試験前だけど(笑)
Posted by かっしー at 2006年01月05日 06:22
わーいw ちょうど日曜だし、なんかやろーか。
古典の世界の人間も、旧暦分からんとどーしょーもないのだよ。そうそう、1月31日は、枕草子にも出てくる、新年(もちろん旧暦!)最初の庚申待ちー。

韓国語だと、旧暦のことをなんて呼ぶのかな。中国語だと、「農暦」、農業に関係ありそうだね。

あはは、1月末がきつかったら、3月21日にしようか。一昨日飲んだアフガニスタン人(ビールはイスラムの禁ずるところの酒にあらず)が、アフガニスタンでは3月21日に新年を祝うとか言ってたよ。立春かな。キリスト教だとイースター??
Posted by あゆむ at 2006年01月05日 11:51
あ、ごめん、3月21日は「立春」じゃなくて、「春分」だね。多分。。。
Posted by あゆむ at 2006年01月05日 11:55
かっしーさんへ。
こんばんは。こちらでははじめまして(笑)
今日の記事、大変興味深く読ませて戴きました。
一体、どれだけの人がこのような事を考えながら生きているでしょう?日本の暦も農作業や自然の移り変わりから来ている物が多いですね。でも、最近の温暖化を始めとする、少し様子がおかしい地球の様子は暦との微妙なタイム・ラグを生じさせていますね。僕は薔薇好きなので、スッカリ薔薇栽培で季節を捉えるようになってしまいました(笑)
また遊びに来ます。これからもヨロシクお願い致しますね!
Posted by ブノワ。 at 2006年01月18日 21:15
ブノワ。さん、ありがとうございます。
季節の捉え方、感じ方は人それぞれですが、
自然と向き合いながらそれを感じられるのは素敵ですね。
ブノワ。さんの薔薇園、いつか行ってみたいです!
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
Posted by かっしー at 2006年01月19日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。