2006年01月24日

新宿御苑に人を埋めてきた

200601221607000.jpg

埋葬される友人。

墓に弔いの装飾をしたり、周りでぐるぐる踊ったり、いろいろやってみた。本人の希望により、最終的には顔の部分も埋めてみた。1時間ほど埋まっていたが、閉園時間になったので、やむなく甦り。甦りの瞬間はすんごい気持ちよかったらしい。

200601240033000.jpg

200601240038000.jpg

200601240034000.jpg

200601240035000.jpg

いいな、ちょっと埋葬されてみたい。
posted by かっしー at 00:43| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにやってるのー!?
そんなことしてっと冷え性になるぞい。
あ、でも楽しそう。
Posted by horinouchi at 2006年01月24日 08:08
いやー楽しかったね。
私も次回はきちんとした装備で是非とも埋まりたいものだと思うけれども、
よく考えたらあれが可能だったのはは重装備だけじゃなくて彼の強靭な生命力の賜物だったのではないかという気が段々してきた。
Posted by mejipo at 2006年01月24日 10:25
かっしーさんへ。
なかなか凄い事やってますね(笑)お友達は一時間の埋葬で憑き物とか落ちたのかしら?(笑)僕も生前葬でもやってみようかな……香典、集まるだろうか。
Posted by ブノワ。 at 2006年01月24日 17:48
>horinouchi氏
ね。
凍傷になって指を切り落としたりするんじゃないかと思ったけど、大丈夫でした。

>mejipo氏
いや、強靱な生命力というかなんというか、まず雪を見て「埋まってみたい」と言う時点で我々とは違ったね。もはや。雪国に行って、みんなで埋まろう、今度。

>ブノワ。氏
コメントありがとうございます。埋もれていた間は本当に死んだように眠ってました(笑)。生前葬って流行っているらしいですね。でも、生前葬は、既に取り返しのつかない「死」があったわけではないから、本来の葬式のような弔いの気持ちには全くならないのだろうなぁ。むしろ米寿や喜寿のお祝いに近いのかな…… おもしろいテーマです。たぶん僕は、余命あと3ヶ月などと言われたら生前葬をやりますね。でも、大々的なイベントではなく、個別に人を呼んでゆっくりいろいろ話す機会をなるべく多くの人と持ちたいですね。
Posted by かっしー at 2006年01月24日 22:12
私は管の中に入った経験がある. 本当に恐ろしい経験だった!!! 教会の行事中の一環だったが,, とても恐ろしかった. ^^ Kashiの経験はもちろんそれとは違う経験だが.

Happy new year!
Today is lunar new year!
Posted by SE at 2006年01月29日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。