2006年04月10日

未来の自分へのエントリーシート

高校時代から、異常に興味ある分野があった。

政治哲学。特に、民主主義についての理念の問題について、僕は今まで考えてきた。高校時代に、プラトンの『国家』、オルテガの『大衆の反逆』を読んで以来、「民主主義」「市民」「大衆」というものが信じられなくなった。直感的に、10年後、20年後に民主主義は大きく変革を迫られると思った。それを自分のライフワークにしたかった。だから、大学院に行って、将来は研究職になりたいとずっと思っていた。

しかし、大学の現場は、相当にカビが生えていた。外部との社会性が欠如した空間。難しいことばかり書いて、誰も読まない論文の山。そこに目的意識などはない。社会貢献などを全く気にせずに、とにかく象牙の塔の中に引きこもって、おのれの研究を続ける学者達ばかりだった。大学のアカデミックな現場に失望しかけた。そんな時、ひょんなキッカケでLMIのインターンを経験をして、ビジネスの世界に強く惹かれることになる。学問とビジネスの決定的な違いは、やっていることへの「当事者意識」が強いか弱いか、だと思った。そのビジネスの「当事者意識の強さ」に強く惹かれたのだ。

 学者という職業は、可能な限りの客観性を求められるために、物事の当事者にはなりにくい。政治について研究している人でも、実際の政治問題や政治情勢に対して当事者意識を持って研究している人は少ない。大抵「何のために研究しているのか」という意識が欠如していて、自己完結的に終わってしまうのだ。

 一方、ビジネスの世界は、外部の世の中と強く結びつきながら、「こうしたい」という目的意識を持って仕事に取り組むことが要求される。その、ビジネスの当事者意識がもたらすエネルギーに、僕は強く惹かれた。それは、世の中を変革したり、世の中に対して影響を与えたりする時に絶対に必要な意識だと思った。

 では、ビジネスの現場で、「民主主義」というフィールドを考え続けられるような職はないかどうか、考え始めた。「民主主義」と言ってしまえば大袈裟だが、社会全般ではなく、ひとつの組織の中で、どのように個人が責任をもって、組織にどのように貢献するかという問題は、まさに民主主義における市民と国家の関係に共通するものがあった。そのため、組織変革・人材開発などに携わってみたいと思うようになった。その気持ちで2月、3月の就職活動を行った。言ってみれば、どこの企業にも人事部はあるわけなので、幅広い業界を見て回った。また、ゆくゆくは人材の方向に進みたいとはいっても、初めから人材系に進むのではなく、ビジネスの基本的なスキル習得を考えて、経営や金融を視野も視野に入れて就職活動を行った。

 就職活動は、順調に進んだ。大学院という選択肢はまだ充分考えられたので、そこまでシリアスにならず、気が楽だった。落ちて凹んだところもあるが、特に大きな失敗もせず、どんどん進んでいった。面接などは、非常にスリリングな楽しい場所だった。しかし、3月後半、某生命保険会社に囲い込まれて最終的にそれを断る段階になって、改めて本気で自分に問い直してみた。ビジネスなのか、学問なのか。

 ビジネスに進めば、安定した収入が望めるが、自分のやりたいことはほとんど出来ない。一方、学問へ進めば、自分のやりたいことはとことん追究できるが、教授のポストを得るのは本当に厳しいので、おそらく安定した職に就けるのは35歳以上になる。非常に難しい選択で、悩みまくった。もちろん、このフレキシブルなご時世に、今現在の決断がこの後の人生全てを決めるというわけではない。2年ほどビジネスに進んでから、学問へ戻るという選択肢もある。逆もありうる。しかし、ファーストキャリアはとても重要である。特に、文系の院に進むのは相当の覚悟が必要だろう。

 学問は、本当に失望に足ものなのか、思い返してみた。僕の学科は相当やる気ないのだが、世にはエキサイティングなことをしている学者はたくさんいる。先日、新学期の大学院のシラバスを読んだ。あれもこれもと興味がわいて、どんどん興奮してきた。自分はやっぱりここで勉強したいと思った。僕は、しっかりと目的を持った、世の中に対して当事者意識の強い学者になる。そう決めた。もっと根本的な、でっかい変革を自分の中で夢描いているのだから、それをビジネスという枠に当てはめて矮小化せずに、リスキーでもでっかく夢を持ち続けてみようと思った。学問の道へ進むことは、どんな企業へ行くよりもハードな道だと覚悟している。なにせよ、頼れるのは自分しかいないのだから。でも、そうやって学問の場にいることが、自分なりの付加価値を生み出す一番最適な方法だと思っている。

 相談に乗ってくれたみなさん、あたたかく見守ってくれていたみなさん、ありがとうございました。僕はこれから必死に頑張ります。


……といっても、大学院の入試はまだまだなんですけど。笑
posted by かっしー at 15:41| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっしーの選択に幸あれ!
尊敬と激励と愛をこめて!!
Posted by Uisge at 2006年04月10日 19:18
やっぱりかっしーはそっちのが似合ってると思うよ。
おっさんになってからも時々 研究していることを頭の悪いおいらにもわかるように教えておくれ(´∀`)
Posted by 鳩 at 2006年04月10日 22:17
じゃあ僕は、かっしーに刺激を与えられるように頑張ります。
チクチク。
刺激が足りない学者は、過激になる気がするから。
むはは
Posted by Jungle at 2006年04月10日 22:37
>Uisge
ありがとう!
Uisgeが落ち着いたら、
こんど飲みに行きましょう。

>鳩
大学院に行くことにした、と言うと
「合ってるよ」と勧めてくれる人と
「やめたほうがいい」と忠告してくれる人と
反応は本当に様々です。
親には「あんなに勉強しないで東大に入れたんだから、本当に努力すれば学者の道は合ってるよ」と言われました。
褒め言葉なのか、なんなのか。

>Jungle
チクチクしてください。
僕もチクチクしますんで。
むふふ。
Posted by かっしー at 2006年04月11日 03:47
かっしーさんへ。
おはようございます。道が決まったみたいですね。
かっしーさんはしっかり者だから心配していないけど、
理想に燃えて日々の忙しい生活に埋もれて行く人が殆どです。
僕は、かっしーさんならどちらに進んでも大丈夫だと思うけど、
バランスのいい人になって下さいね。学問の道……変な人多いものね(笑)
もっとも、いい趣味を持っているかっしーさん、これも心配する必要はないか(笑)
入試、これからなんだぁ……頑張って!また遊びましょう。
そうそう、偉い先生になっても「あぁ、君かねぇ」何て言わないでね(笑)
Posted by ブノワ。 at 2006年04月11日 07:39
かっしー
受かったの聞いたよ

心からおめでとう!!!

かっしーの決断は素敵だと思う。

かっしーの自由意志を
LMIで思う存分反映させちゃってくれ!

そのうち会おう☆

Posted by 庄司 at 2006年04月11日 16:16
>ブノワ。さん
こんなロクに更新もしない、いい加減なブログに
目を通してくださって感激です。
変に偉そうにして権威主義的な人にだけはなりたくないですね。
先日、教育学部の教授が言っていました。
勉強する時に一番大事な物は「謙虚さ」だと。
謙虚にひとつずつ学んでいこうと思います。

>庄司
こら、おまえ、ちゃんと読んでないだろ!(笑)
LMIに決まったのは、東工大院生の「かっしー」さんだよ。
残念ながら僕ではないんですよねー。
こんど高田馬場に遊びに行くから、覚悟しとけー。
Posted by かっしー at 2006年04月12日 01:00
God bless you!

I assure things you decide are correct!

I'm gonna visit Tokyo the end of August!

Would you allow me to meet you?
Posted by SE at 2006年04月13日 02:17
Of course!
I want to see you.
Tell me when you come after taking a ticket.

Thank you for reading my blog.
Posted by Kassi at 2006年04月16日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。