2006年08月22日

過去を美化する心理――ノスタルジーにひたるということ

 こないだ、小学校の同期で集まって飲んだ。

 卒業して早10年。クラスによっては途中同窓会もやったらしいが、同期で集まるのは卒業以来初めてだった。自分が言い出しっぺになり、幹事をやった。どういう流れでこの集まりを開くことになったかというと、mixiで小学校の友達が2〜3人集まって、同期のコミュニティが作られたのが始まり。だんだん人数も増えていき、コミュニティにいる人数は今や26人。久しぶりに連絡が取れた人ばかりで、懐かしさのあまり、再会計画を立てた。mixiに限らず、個人的に連絡のつく人には知らせてもらって、結局飲み会の参加者は25人にもなった。今でもこれだけ集まれるのは、東京に住んでいて地元を離れない人が多いからだろう。終電も関係なく、20人近くもオールで朝まで飲んで、最後はみんなでチャリに乗って、みんなの家に送りながら帰った。とにかく10時間くらい当時の話に華を咲かせたわけだが、大人になったからこそわかってくる面も多く、とても楽しかった。

 こういうノスタルジーにまったり浸かることが、最近多くなってきた。高校に教育実習に行って高校生を懐かしく思い、大学1年生のボートレースを見て当時を思い出し、その時の仲間と昔のエピソードを語りながら笑う。自分もオジサンになったなーと思う。言ってみれば、ノスタルジーに浸る行為は、全く進歩的ではないわけだ。未来へ向かって一歩を踏み出すのではなく、過去の様々な思い出を美化し、「あの頃は○○だったね」と言いながら、今の自分との距離感をいとおしく思うだけである。そんなことは誰でもできる。自己充足的で、動物的な行為だ。だが、年をとるにつれて過去が多く積み重なっていくと、なぜか必要以上に美化したくなってしまう。それは、大人になった故の心理なんだろう。

 以前、浪人時代にこんな文章を書いた。旅でホームレスの人と駅で話して、一緒に寝た時のことの回想の文章だ。そのホームレスのおじいさんは、何のために生きているのか。食べる物もタバコも酒も健康な体も一緒にいる友達も家族もなくて、何のために。おじいさんの居場所はどこにあるんだろう……。それは「過去」ではないか。電車に乗って各地を転々としながら、過去を思っているのではないか。(むしろ自分は「過去」しか思いつかなかった。そうしないと、現に生きているはずのおじいさんの生は自分の中で肯定されなかったのだが。)

 その文章を書いた頃は、「過去」しか自分の居場所がないなんて、なんて向上心のない退廃的な人間なんだと思っていた。でも今は、なんとなく分かる。何歳か年をとってふと周りを見てみれば、自分も含めて「あの頃おれは〜〜だった」と過去によすがを求める大人の、なんと多いことか。それは年をとっていくほど多くなっていくように思う。今日まで多くの熱戦を繰り広げた甲子園野球が、なぜあんなに世間で人気があるのかと言えば、ただ単に試合が面白いということ以外に、自身の青春時代へのノスタルジーを思い起こさせるものがあるからではないか。「いいねー青春だね、自分もあの頃は若かったな」というように。靖国神社の問題が今も根を引くのは、戦前の記憶がない若者でも、日本という国において「あの頃日本は○○だったなぁ」と過去が美化されてしまいやすいからではないだろうか。

 なぜノスタルジーにひたりたくなるのか。なぜ過去を美化してしまうのか。回想することは、つまり、過去を美しく捉え直すことによって、自身の生の肯定となる、ということなのだろうか。わからない。わからないが、とりあえず自分は、過去をいとおしく思いすぎないように、気をつけたいと思った。進歩的な大人であるために。
posted by かっしー at 02:20| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去にひたるのとか、美化するのって中毒的な魅力があるよね。自身の人生への肯定っていうのは非常に納得できる。でも、“あの時は良かった/楽しかった”的statementって同時に自分の未来の可能性を否定/制限している、っていうことは多くの人が意識的無意識的にoverlookしているところかも知れない。
私はつくづく自分が一番輝いてたのは高校時代だと思ってしまうんだけど、そういう強迫観念本当に良くないよね。自分の過去はこうだった、故に今の自分はこうして、こういう未来につなげていきたい、って常に考えていたいけど、これってすごくエネルギーが要るからヒトが24/7で実践できる考え方じゃないのかも。うむ、のーみそ使わなくて良いからって理由もあるかもね(笑)。
Posted by さゆり at 2006年08月22日 06:04
似たようなことをつい最近、ちょうど考えてたよ。

ノスタルジーに浸れるのは、その人にとって過去が美しかった証拠だ。
しかもそれを他者と共有できる。幸せなことだと思う。
Posted by ai at 2006年08月22日 07:01
舞台では動物と子供には負けるっていうらしいんだけど、それって今を精一杯生きている動物・子供の姿に観客が惹かれてしまうかららしいのね。
昔を懐かしむのも、無邪気に精一杯生きていた日々を懐かしく思うからじゃないかな。

一期一会の心境で生きていったら、現在も将来も光ってくるんじゃないかしら。

そしてかっしーは常に今を生きる人だと思う。
Posted by れいな at 2006年08月23日 02:32
みなさん、激烈なコメントをありがとう。

>さゆり
そうそう。その強迫観念はこわい。

>ai
たしかに、その本人は「幸せ」なんだけど
僕が問題としたかったのは、
美しくない過去でも、なぜか美しくさせてしまうことが多々ある。
そういう擬似的に美しくされた過去にただひたっているのは
進歩のない、動物的な快楽でしかない、ということなんだよ。
たしかに、ほんとに幸せなんだけど。

>れいな
今を生きる人です。ありがとう。
でも必ずしも、今が輝いていれば将来も輝く、とは言えないよ。
キリギリスになっちゃうよ。
僕自身は、今キリギリスだなぁと感じているので
アリさんの態度を見習いたいと思っています。
Posted by かっしー at 2006年08月24日 13:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22648580

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。