2005年07月30日

舞台「王女メディア」(ク・ナウカ)

img_10.jpg
 とにかくすごかった。こんな演劇は初めてだ。

 設定は日本の明治時代。はじめに男が出てきて、並んでいる女の俳優を選んでいく。男は後ろにいて、声だけの出演。女は、能のように無表情で、前の舞台でその役を演じる。後ろでは、民族的な太鼓や笛、鈴の音。この音楽が、劇の雰囲気に合わせて激しく響きわたる。王女メディアは、自分の元夫への復讐のために自分の息子を殺す。話はあまりに悲劇的だが、「悲劇」という面はそれほどクローズアップせずに、美と迫力と、自立していく女の姿が強調される。そして最後には、男が女にやらせているというメタ演劇の構図が逆転する。今まで着物を着てつつましくお酌をしていた女達が、いっせいに着物を脱ぎ捨て、真っ赤なワンピースになって、支配的だった男達に逆襲する。「女」が「男」に支配されるという構図を、最後に1人の女として自立して復讐を遂げることで、見事に打ち破る。その情念とエネルギーはすさまじい。そしてさらに、そこにはもうひとつ、「日本」と「朝鮮」という構図も隠されている。主人公の王女メディアは、チマチョゴリを着ていた。支配的なものに対して復讐の念をあたためつづけ、それを昇華させる瞬間は、恐ろしすぎる美しさだった。

 演技しているのは全く無表情の女性である。女役でも、声は低い男の声。だから基本的に、見ていて役に感情移入はしない。それでもここまで圧倒され、心がいっぱいになるのは、圧倒的な美と迫力のゆえだろう。僕にとって、全く新しい悲劇だった。もしかしたら、能楽のスペクタクル性と似ているかもしれない。アリストテレスの言う「おそれとあわれみ」から「感情の浄化(カタルシス)」を得る悲劇ではなくて、圧倒的な美と迫力のうちに、畏敬の念と神聖な気持ちを呼び起こすものである。エイコス(筋)やロゴス(言葉・理性)でなく、パトス(情念)による演劇なのだ。それはまさに「生」でしかできない体験だった。当日券で滑り込んだけど、観てよかった。ちょうど行った公演にテレビカメラが入っていたけど、あれをテレビで観てもこの興奮は得られないだろう。

 「無表情」というのは本当に恐ろしい。瞬きもせず、口も開けず、人形のように無機質に動いていく。そんなことは現実ではまずあり得ない。観ている間ずっとそんな違和感と恐ろしさを感じ続けていた。そうしたら、最後カーテンコールに出てきた時に、がらっと変わって役者がみんな柔らかい笑顔で出てきてお辞儀をしていた。どこかホッとするとともに、にくい演出だと思った。
posted by かっしー at 03:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ク・ナウカ『王女メデイア』(覚書)
Excerpt: 「3つのエクリチュール」へ向けてク・ナウカ『王女メデイア』の原作テクストについては、このブログの特集「ギリシア悲劇を考える」でも、[vol.1]・[vol.2]・[vol.3]と3つの観点から読んでき..
Weblog: 現代演劇ノート〜〈観ること〉に向けて
Tracked: 2005-08-04 00:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。