2007年08月20日

北海道自転車旅行3日目 トンネル地獄

P1010246.JPG

自転車で長距離をこいでいると必ず出くわす、避けて通れないもの2つ。

まずひとつは、峠。ひたすら上り坂が続くという体力的な地獄である。じりじりと暑い中、重い荷物を積んで登っていく道は、非常に長く感じるものだ。カーブを曲がっても曲がってもひたすら上りが続いている時は、もういっそのこと引き返してダーッと駆け下りてしまいたくなる。そんな峠の攻略法は、焦らずにゆっくり登ること。ヤケクソになってむやみに力んでこがないこと。ギアを最小にしてでものんびりゆっくりこいでいれば、いつかは峠を登り切り、あとはひたすら気持ちよい下り坂が待っている。東北も阿蘇も、そうやって通り抜けてきた。

自分が峠よりも苦手としているのは、トンネルである。トンネルは、体力的な問題ではない。とにかく恐怖なのだ。まず、トンネルは暗い。出入り口には照明が多くつけられているが、トンネル内部は暗いオレンジの照明が点々とあるのみだ(中には、ほとんど照明がないトンネルもある)。出口の見えない、暗いトンネルの中、ひとり自転車をこいでいく恐怖。さらに、田舎では、歩道が整備されているトンネルはほとんどない。国道でも、歩道のない(あっても細すぎて通れない)片側1車線のトンネルばかりだ。ということは、車と一緒の所を通らなければいけないということになる。狭いトンネルの中、車が猛スピードですぐ横を通っていくこの恐怖。さらに、トンネルの中は音が響くので、車の音がすさまじく鳴り響くので恐怖はさらに倍増される。車が後ろから来ると「ゴー」という音が鳴り始め、それがだんたんと大きくなっていき、ジェット機にでも追われているんじゃないかと思うくらいの轟音とともに走り抜けていく。もちろん後ろ向きのライトはつけているが、暗闇の中でドライバーに自分の存在に気づかれなかったらアウトである。とにかく、チャリダーにとってトンネルは、できれば避けたい魔の存在なのだ。

札幌から日本海沿いを北上していく道は、そんなトンネルの嵐だった。長いトンネルで2km強。もちろんトンネルの出口は見えない。そんな恐怖のトンネルを、いくつもいくつも通らなければならない。かつて「陸の孤島」と呼ばれていた断崖絶壁の場所にようやく国道を通したという道なだけあって、集落という集落もほとんどなく、あるのはトンネルの連続と、峠と、断崖絶壁の岩山と、下に広がる日本海のみ。海沿いの道ということで平坦だろうとなめていたが、甘くはなかった。その日、午前中は調子に乗って札幌でメガネを作ったりサッポロビール館を見学したり北大に行ったりして観光していたのだが、もっと早く出るべきだったろうか。日も暮れ始め、やばいな…と思い始めた頃、やっとトンネルラッシュを脱出して、増毛という街に辿り着いたので、この日はそこで休むことにした。街の交番で安宿を聞いて、宿をとる。夕食は寿司屋に行ってにぎりを頼んだら、むちゃくちゃ美味しくて感動した。

[3日目] 札幌 → 増毛
この日の走行距離 125.4km
累計走行距離   281.9km
posted by かっしー at 00:00| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道自転車旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
自転車の旅人をチャリダーというのですね。
一つ賢くなりました。
それにしても、すごい距離を走ってらっしゃいますね!!!
私も自転車得意です(笑)最高記録は牛を見に牧場に行ったことでしょうか。
地図を読めないのが幸いして、5時間、山2つ越えました!!
だから、峠の記述「うんうん」うなづいてしまいました。
到着した牧場の絞り立て牛乳、本当においしかったです。
Posted by ジュリア at 2007年10月23日 09:24
ジュリアさん

返事がこんなに遅くなってしまいすみません…
そうですか!自転車好きですか?
お仲間がいてうれしいです。
牛を見に5時間も自転車をこぐなんて、なかなか素敵な理由ですね。
牧場の牛乳は、本当に全然違うんですよねー
北海道では牧場のアイスクリームも美味しかったですよ。
こんなのろのろブログですが、よかったらまたご来訪ください。
Posted by かっしー at 2007年11月06日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。