2005年08月19日

韓国と日本の近さ

 今回の旅で、韓国は本当に日本と似ていると思った。

 街を歩いていても、(看板がハングルで書かれてあることと、細い路地がたくさんあって、そこが少々キムチ臭いのを除けば)本当に日本の街を歩いているよう。もちろん顔つきとかファッションとかは若干違うけれども。経済的にも両国は似ている。お互い高度成長を遂げたけれども最近は停滞気味、という状況。(そして韓孫人は自国経済の不況について危機感を持ってる人が多かった。やはりIMF統治がよほどインパクトあるものだったのか)。国際的にも、両国は非常に似た立場にある。韓国も日本も、アメリカの軍事下にあってイラクに派兵しながらも、中国・北朝鮮との関係もあり……という状況だ(もちろん、韓国には「徴兵制」という大きな特徴はあるが)。そして、話す時のノリが似ている。英語で話していても、韓国語は日本語と語順が同じだから、英語の下手さ加減が日本人のそれとそっくりで、意味をくみ取りやすい。間の取り方、冗談、抑揚の付け方なども同じで、なんというか、すごく話しやすかった。これで言葉が隔たりなく話せたらなぁ、と何度も思った。だから帰ってきてからハングルを勉強し始めた。行く前にもっと勉強しとけばよかったけど、次に行く時に、がんばってもっといろいろ話したい。

 韓国人と、本当にいろいろなことを話した。中でも印象に残っているのは、むこうの武道をやっている韓国人がいて、禅の話から、無、空、気のことなどについて深夜まで話したことだ。彼は英語ができなかったけど、わりと英語ができる韓孫人の友達を間において、がんばって意思疎通をした。僕は茶道をやっているので、禅と茶道は精神的にも歴史的にも深い関係にあることを説明したら、彼からは格闘技の「気」について、実技も含めていろいろ教えてくれた。僕は武術についてはあまり詳しくなかったけれど、「無」という精神性の問題を共有でき、近い所に住む人間同士の文化のつながりを深く感じた夜だった。

 2日目の朝飯を食べた後に、元気なやつらであつまって、サッカー日韓戦をした。結果は2対1で日本の勝ち!やっぱスポーツはすごいな。一瞬にして仲良くなった。
posted by かっしー at 17:24| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい。その土地に行って初めてわかる「リアル」がいっぱいだね。
Posted by canako at 2005年08月19日 22:40
コメントありがとうございます。

まさに「リアル」がいっぱいでした。行ってみて初めてわかることは本当に多いです。特に今回の旅では、その国の人と心ゆくまで話せたのがいい経験でした。普段旅行する時にはホテルで同じ部屋の人くらいしか話しませんが、旅行する時も、もっと現地の人と仲良くなれればおもしろいですよね。これからは、そういう旅をしたい。

canako先輩の日記もよく読んでます。いろいろ考えさせられます。またお越しください。
Posted by かっしー at 2005年08月20日 04:34
that interpreter was me!!!!
that was very hard mission to me.

But I did, 笑 ^_^

Soccer was draw,
You had a useless worry..
Korean are very generous, haha

see you
Posted by 世現(be the light of the world!) at 2005年08月24日 03:06
No no, Sean. ^ ^

Indeed, the soccer game was draw.
But after the game, we played PK, and we Japanese team won!
It was a very close game, and a lot of fun.



See you!
Posted by kassi at 2005年08月27日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。