2005年09月12日

選挙って、funnyですね

 わざわざ実家に帰って、選挙に行ってきた。

 選挙っていう行事は、なかなかfunnyだな、と投票所である近所の小学校に行った時に思った。うーん、funny。滑稽? 可笑しい? うん、まさにfunnyとしか言いようがない。どこか笑えてしまう。というのも、同じ地域に住む人が、同じ日に、とことこ歩いてか、自転車かで、えっちらおっちら同じ場所に集まって来るってことが、なんとなく滑稽なんだよね。もちろんその地域の全員ではないけど、今回の場合は約67%は来たということで、かなりの数にのぼる。なんだか、いい年こいた人達が、みんな徒歩かチャリンコで、しかもサンダルとか伸びきったTシャツを着て、わらわらと小学校や中学校に集まってきて、真面目に「衆議院」とか「最高裁判所裁判官国民審査」とかいう投票をしている。そんな光景に出くわして、おもわずなぜかプッと吹き出してしまったわけです。

 普段はお互いに干渉せず、全く別のことをしている住民たち。でも、選挙の日だけは拘束される。こういう行事は、他にはない。選挙も、自由参加と言ってしまえば確かに自由参加だが、選挙ほど人々の間には「行かなくては」という思いが強いイベントもない。だからこそ、67%も、どこからともなくわらわらとやってくるわけです。

 このfunnyさはどこから来るのか。たぶんそれは、「政治」と「大衆」という2つの大きな隔たりを感じたからでしょう。極度に単純化された文句の裏に何があるのかを知ろうとせず、自分の身の回りのミクロな生活世界から抜けられない大衆。一方で、単純なコピーをまくし立てて個人を扇動しつつも、マクロでしか物を語れない政治の世界。その両者の、絶対的に埋められない悲しすぎる乖離を、その選挙投票所の光景に感じたのでした。

 そして、もうひとつの原因は、おそらく有権者の「投票しなくては」という義務意識を肌で感じたからだと思います。なぜみんな、投票に行くのか。「一市民の意見を国政に訴えるんだ!」という志をみんな持っているからでしょうか。「ゲームとして、誰が勝つか面白いじゃん」と思ってるからでしょうか。どちらにしても、どこかfunnyです。参政権は、権利であります。義務ではない。しかし、権利の裏返しには必ず義務があります。では、参政権の裏返しの義務とは何なのか。これは自分も本気で考えているのですが、実際はよくわかりません。ただ、「参政権を行使するからには、その裏に隠された義務を果たそう」という意識を、どれだけの人が思っているのか。そういう熱烈な政治意識がある人はごくわずかでしょう。そして、彼らは必至に頑張っても、あんまり深く考えてなくて党首のイメージで投票する他の大多数と一票の価値は同じですから、かれらに埋もれてしまいます。そういうことを考えると、どこか笑えてきてしまったんです。この選挙というイベント自体が、フリ、演技、虚構。まさに「劇場」である気がして。

 そして、そんな批判を頭で考えながらも、やつらと一緒に投票していた俺もfunny、というオチ。
posted by かっしー at 01:28| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 たしかにファニーだよね。半ばちょっと海外のメディアや新聞を知ってたりすると逆になにを選ぶべきかわからなくなってきますよね。どのような政党が全体の中のどの集団に利益をもたらすかを考えると難しいものです。完全な、全体の利益なんて存在しないのだから。
 そして選挙権は本当にスゴイ。うちのママなんかは典型で、「どうせおじいちゃのばあちゃんは自民に入れるし、流れが自民だから、ままは散歩のついでに一番ハンサムな候補者に入れてきたわ。」だってよ。全体の何パーセントがこのような投票で占められているのでしょう。
 悲しいことに、歴史上で確固たる考えと投票権を有した選挙権を持った国民が多数を占める選挙なんて今までもこれからもないんじゃないかなあと思っちゃいます。
 民主主義ってファニー。
Posted by natsuko at 2005年09月12日 15:08
ほんと、民主主義ってfunny。
まぁでも、選挙に真剣な人と不真面目な人のギャップというのも、別の見方から考えれば、民主主義というシステムの程よいバランスを取っている、と思えなくもないよね。
難しいところですが。

僕も2年前に初めて選挙に行った時は「自分の投票した人が落選すると、ちょっと悲しいもんなんだな」としみじみ思いました。やっぱり当選しそうな人に票を入れたいっていう気持ちは、ちょっとある。だからなっちゃんのママの気持ちもわかるなー

「投票行動分析」という計量政治学の一分野があって、僕としてはなかなか興味をそそられるものがあります。民主主義、その欺瞞的システムに、どうしても心惹かれてしまう俺。
Posted by かっしー at 2005年09月13日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6819849

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。