2005年09月22日

巣鴨で御輿を担ぐ

 このまえの日曜日、大塚・巣鴨の商店街で祭りがあった。とある関係で、御輿を担ぐことになった。

mikoshi.jpg

 ちゃんと足袋を履いて、ハッピを来て、手ぬぐいを頭に巻いて御輿を担ぐ。僕にとって、もちろん初めての経験だ。朝9時半から担ぎ始め、神社に行き、そこで神道の神にご挨拶して、神霊を乗せ、地元の商店街に帰ってくる、というコース。終わったのは、なんと夜の7時だった。もちろん途中で休んだり飲んだり食べたりするわけだが、それにしてもたくさん担いだ。本当にへとへとになった。僕は背が高い方なのでずっと腰を低い位置に保たなければならず、足がどんどん痛くなり、肩の皮膚も擦り剥けて、大変だった。でも、「ぇぃさ!ぇぃさ!」とかけ声を続けながら、汗だくになって盛り上がっていくのは、とてもおもしろい体験だった。

 祭りのエネルギーはすさまじい。大の大人が、大勢で熱狂して盛り上がっているのだから、それはそれだけでも壮観である。そういえば、祭りというのはそもそも江戸時代では、その日だけは無礼講、何をやっても許される、という日だった。それには、もちろん性的関係も含んでいたらしい。その日だけ、そういったあらゆる感情を爆発させる。自分を使い果たす。宵越しの金は持たない。今日の祭りでも、やはりそのような「exhaust」させる雰囲気があるし、つべこべ考えずにパァーっと盛り上がる単純な部分がある。

 もうひとつ思ったことは、商店街という文化の俗っぽさだ。商店街のコミュニティは、まさに地縁のシンボルと言える。同じ狭い地域に住む人々は、みんな何十年もの付き合いで、お互いのことをよく知っている。工務店をやっているというおっちゃんは、「金の有りかまでわかっちゃうから怖えんだよ」と言っていた。都会の中に残った、ムラ的共同体社会がここにはある。そして、自営業だからこそ、サラリーマンとは違った自由な気質がある。無機質なマニュアルなんかない。言葉も自由奔放。おばさんも、威勢のいい、ちょっと下品な言葉で盛り上がる。御輿に対する気合いの入れ方も半端ない。住宅地で育った僕にはあまり縁のなかった、俗っぽい世界だった。

 祭りは、自ら体を動かして参加しないと面白くない。ただ見ているだけよりも自分が参加すると、より一層祭りが楽しくなる。ただ、本当はそこに地縁的結合や日常のルーティーンというようなものがあると、よりさらに心の底から爆発させることができるのだろう。僕も、充分に楽しめたけど、やっぱり地元商店街の人のテンションはどこか違った。僕が担いでいる御輿の横で、だみ声で叫びながら飛び跳ねて盛り上げているおばちゃんなどを見て、そう感じさせられてしまった。
posted by かっしー at 16:18| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祭りは、日常やってはいけないことをやることで日々の戒めをするって聞きました。
だから、強姦なんかも昔は平気であったとか。
うーむ。でもそれってやらなきゃ日々を省みることができないのかなあって思う。
強姦する側はたいてい男だから、それってただのこじ付けじゃねぇのって少し思ったり…。

とはいえ下町の御神輿のあるお祭りは結構好きです。
かっしーお疲れさま!
Posted by かわな at 2005年09月22日 21:46
私も前に神田祭で御神輿担がせてもらいました!おんなじ用にはっぴきて足袋履いてハチマキ巻いて。でも私は御神輿担ぐには背が足りなすぎてすごい面白いことになってました笑。メインは担ぐ方じゃなくてウマ(御神輿を乗っける台みたいなもの)持ちだったんですけど、参加してる感があってすごく楽しかったです。
Posted by よちこ at 2005年09月24日 22:14
今日記念祭に行ったら57期のジェシカに会って、彼女はサークルでよさこい音頭をやってて、猛烈に練習しているらしい。ちょっと祭りトークで盛り上がった。結構みんな祭りに行ってるんだね。

>かわな
前に大学で「春本」を扱った講義があって面白かったけど、江戸時代の民衆の性文化というのは、僕達が考えられないようなもんだったみたい。

>よちこ
そうそう、やっぱり本格的な格好をすると、恥ずかしさなんかも吹っ飛んで熱く楽しめるよね。神田祭はまたすごそうだね……  結構若い人も祭りに参加してるんだなぁ。まぁその裏には、どこの商店街も若手後継者不足という現状があるんだろうなー
Posted by かっしー at 2005年09月25日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7195547

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。