2005年11月30日

茂木健一郎の講演会

今をときめく脳科学者、茂木健一郎が駒場で講演会をしていたので、途 中からだったが行ってきた。なかなか面白かったので、以下メモ。

・クオリア(quolia)……数字や文字では表せない、ある脳の信号。人はquoliaにプレミアムを認め、それなりの金を払う。高級ワインには高級ワインにしかないquoliaがある。

・偶有性(contingency)……半ば予想はつくけれど、半分は予想がつかない状態のもの。人間はこれに最も興奮する。現代を表す大きなキーワードらしい。

・脳の中では、記憶したものは引き出しのように入っているわけではない。長期記憶から長期記憶へと、頭の中で常に編集作業が行われている。

・「創造することは思い出すことに似ている」(by ある数学者)
 パスツールは、煮沸した水の中からは微生物は生まれないことを発見。
 創造性に関しても同じ。何もないところから生まれない。
 創造するとは、過去を思い出す作業。
 知っているけどあれなんだっけな…という感覚(feeling of knowing)に近い。

・ダニエル・カールマン(2002年のノーベル経済学賞受賞者)の行動経済学

・「誰が最初のペンギンになるか」
 ……みなリスクを恐れて飛び込みたくない。
 日本人は、最初のペンギンになるのが下手。

・Bowby:attachment theory
 子供は、大人の提供する安全基地があるからこそ、安心して未知なこ
とへ探索できる。

・文脈依存性ダイナミクス
 さまざまな文脈を空間や時間を切り離して考えることが出来る
  ← ITによる最も大きな変化

・創造性の現場には、多様性が保たれていなければいけない

●感想●
写真で見るだけだと、頭もじゃもじゃだし、なんかイっちゃった学者かと思っていたが、冗談も言うし、ひょうきんなところもあり、表情も豊かで、人間としてとても輝いている人だった。「クオリアを解明することが僕のライフワークだ」と言っている時の顔が一番良かった。
「ライフワーク」という言葉は、かっこいいね。

多様性から創造性は生まれる、とか、不確実性/偶有性の話は、ありきたりのよく言われる話だったが
なぜか、脳科学者に「もう科学的にそうなんだ」と言われると、新鮮な感じもあり、納得させられてしまう。
こういうことは哲学でも非常によく問題にされることだけれど、哲学的に言説を分析するよりも、よっぽど実証できるものとして、より説得力を持って、科学の最前線のことは切り込んでくるんだよな。
すごいよ、茂木さん。
posted by かっしー at 02:19| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「オリジナルは真空地帯に存在しない」By上野千鶴子
Posted by ブンババ at 2005年11月30日 11:00
おお! 千鶴子ちゃんとかぶってる!!
同じ日にあった、上野千鶴子のケアのシンポジウムも行きたかったなー
Posted by かっしー at 2005年11月30日 13:40
僕は時に、科学を振りかざしたものほど嘘くさいものはないんじゃないかって思います。

科学にどっぷり浸かってる僕が言うのもアレですが。
Posted by かわな at 2005年12月03日 01:04
たしかにそうだね。
なんか胡散臭い本が「これは科学だ」と標榜するのはあやしいけど、学問の土俵の上で科学が語られる時は、ある程度信頼に足ると思うよ。科学とはそもそも実証できるものを論理的に組み立てていくことを言うわけで、やっぱりいろいろな例やデータを出されて実証されると、うーむ、と説得されてしまうのです。もちろんそこに批判の応酬の可能性はいくらでもあるのでしょうが、少なくとも、実証できない/実証しにくいこと(哲学)は、今の僕には説得力のない、曖昧などうでもよいことに感じられます。いや、哲学も好きなんだけれども。
Posted by かっしー at 2005年12月06日 02:36
ここでははじめまして。
茂木健一郎は去年講演をきいたことがあるんだけど、そのときはクオリアの説明を「ちょっといいなぁと思っているけどただの友達だった女の子に、彼氏ができたときに『アッ!!』と思うその感じがクオリアだ」という感じで言ってて、「こいつ、やるな!」と思った私であります。
Posted by きの at 2005年12月07日 21:50
きのぴー、やっほー

僕が初めて茂木さんの文章を読んだのは2年位前の雑誌『考える人』のエッセイで、その時「クオリア」という考え方が非常に印象に残って気になってたんだけど、今はなんか飛ぶ取り落とす勢いだよね。すごいたくさん本を出してる。『意識とは何か』は読んだけど、とても面白かった。今度の茂木さんの本は『クオリア降臨』らしいよ。「降臨」って… でも読んでみようかな。
Posted by かっしー at 2005年12月08日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9986498

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。