2007年02月01日

NODA・MAP『ロープ』

title.gif

NODA・MAP『ロープ』を見てきた。2007/1/31昼(千秋楽)@シアターコクーン
例の如く当日券主義で、立見3500円。

こんなに強烈な舞台を、ぼくは観たことがなかった。
心臓に五寸釘でごんごん打ち付けられた感じだった。
ドタバタコメディと思いきや、かなりの社会派。
どうしようもないくらいの悲痛な現実をこれでもかと見せつける。
確実に「生」の演劇でしか出来ないリアリティがあった。

戦争を扱った作品はいくらでもある。そのほとんどは、悲惨な戦争描写を執拗に描くことによって、「戦争って、重いね。ひどいね。残酷だね」ということを訴えかけてくる作品だ。映画にしても本にしても舞台にしても。少し考えてみれば、戦争には全てを吹き飛ばして圧倒させるような生死の賭けがあるのだから、それを映し出すだけで心に迫るものがあるのは当然のことだろう。主題として扱いやすいと思う。でも、その地平からさらに、もっと深い本質的なところまで迫ってくるような、良質な戦争作品もある。『アンネの日記』『戦艦大和の最期』などの本は、戦争という極限状態の中での「人間」の本質的な部分を考えさせるし、やはり何度読んでも新しい発見がある。または、ただ戦争の悲惨さを描くだけではなく、その暗黒たる現実の中で、かすりとるように光り輝く希望を持たせてくれる作品もあるだろう。チャップリンの『独裁者』がまさにそうであると思う。今回の野田秀樹の舞台は、戦争の悲惨なリアリズムを、執拗なまでにありありと感じさせるとともに、最後にわずかな希望を託されるような、そういった良質の作品だった。

続きを読む……(ネタバレ有りまくり)
posted by かっしー at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

ク・ナウカ「トリスタンとイゾルデ」

pi_tristan011012b.jpg

「ク・ナウカ」という劇団の舞台に行ってきた。@東京国立博物館庭園2005/7/28

ク・ナウカは、ちょうど1年前の「王女メディア」があまりのインパクトだったので、今回も期待して行った。いつものように当日券で行ったら、一番前の真ん中という席に座ることができた。

「トリスタンとイゾルデ」というのは、ワーグナーのオペラで有名な物語だ。家臣と王女との許されない恋を描いた恋愛劇で、最後はみんなバタバタ死んで終わる。舞台はものすごい迫力で、美しかったが、正直に言えば、ちょっと期待はずれだった。

ク・ナウカ主宰の宮城聰という人は、ご丁寧にもパンフレットにこの舞台の狙いを書いてくれている。それによると、「近代の解体」――とくに「恋愛至上主義」へのアンチテーゼ――として、この脚本を演出しているらしい。「唯一無二のあなたとわたし」という喜びではなく、むしろ「唯一無二でない」ところに生命体としての祝福を見いだしたい、と書いてある。

このねらいは、残念ながら舞台上でしっかりと描き出されていないと僕は思う。というか、僕には全く伝わってこなかった。なぜなら、「恋愛」というテーマは話の中核であり、もちろん恋愛の「唯一無二」という価値観は、否応なしに話の中心にあったからである。もし「唯一無二」という恋愛の特徴を抜いてしまえば、話が全くの骨抜きになってしまうだろう。愛する人の死は空虚になり、悲しみは共有されず、ただ男女が情欲に溺れるだけではないか。「王女メデイア」の時は演出が非常に腑に落ちたのだが、今回は宮城聰の意図は全くわからなかった。

最期の、宇宙と融け合って永遠を誓うイゾルデは、なぜ自殺せずに、剣を捨てたのか。わからなかったです、ぼくは。
posted by かっしー at 01:58| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

NODA・MAP「贋作・罪と罰」

top.jpg
 野田秀樹の舞台『贋作・罪と罰』を観てきた。(1/21夜@シアターコクーン)

 僕は、よく舞台でもコンサートでもライブでも何でも観に行くが、最近は専ら当日券主義だ。当日に、観たいと思ったその時にパッと行って、当日券で入る。もちろん当日行っても券が手に入らない時もあるし、たまたま当たった席が悪いというリスクは常に伴うが、「観たい時に観る、行きたい時に行く」というその気軽さには換えられない。特に、生でこういうものを体感しに行くためには、ものすごくタフな体力と集中力を要求されるから、1ヶ月以上も前に予約して決めておくのは性に合わないのである。最近分かってきたことは、「当日券は出しません」と発表しているものでも、大きなハコでやる時は、現地に行って交渉すれば出してくれたりもするし、キャンセル待ちで得たチケットは、たまにものすごく良い席だったりする。というわけで、今回も例外に漏れず、雪が降っているから立ち見に並ぶ人も少ないだろうと思い立って、中2階のとても良い立ち見席で観ることができた。

 というわけで、『贋作・罪と罰』。結論から言えば、野田秀樹ってやっぱりすごい。おもしろい。この不思議なカタルシスは何なのだろう。

続きを読む(……ネタバレあり)
posted by かっしー at 15:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

舞台「王女メディア」(ク・ナウカ)

img_10.jpg
 とにかくすごかった。こんな演劇は初めてだ。

 設定は日本の明治時代。はじめに男が出てきて、並んでいる女の俳優を選んでいく。男は後ろにいて、声だけの出演。女は、能のように無表情で、前の舞台でその役を演じる。後ろでは、民族的な太鼓や笛、鈴の音。この音楽が、劇の雰囲気に合わせて激しく響きわたる。王女メディアは、自分の元夫への復讐のために自分の息子を殺す。話はあまりに悲劇的だが、「悲劇」という面はそれほどクローズアップせずに、美と迫力と、自立していく女の姿が強調される。そして最後には、男が女にやらせているというメタ演劇の構図が逆転する。今まで着物を着てつつましくお酌をしていた女達が、いっせいに着物を脱ぎ捨て、真っ赤なワンピースになって、支配的だった男達に逆襲する。「女」が「男」に支配されるという構図を、最後に1人の女として自立して復讐を遂げることで、見事に打ち破る。その情念とエネルギーはすさまじい。そしてさらに、そこにはもうひとつ、「日本」と「朝鮮」という構図も隠されている。主人公の王女メディアは、チマチョゴリを着ていた。支配的なものに対して復讐の念をあたためつづけ、それを昇華させる瞬間は、恐ろしすぎる美しさだった。

 演技しているのは全く無表情の女性である。女役でも、声は低い男の声。だから基本的に、見ていて役に感情移入はしない。それでもここまで圧倒され、心がいっぱいになるのは、圧倒的な美と迫力のゆえだろう。僕にとって、全く新しい悲劇だった。もしかしたら、能楽のスペクタクル性と似ているかもしれない。アリストテレスの言う「おそれとあわれみ」から「感情の浄化(カタルシス)」を得る悲劇ではなくて、圧倒的な美と迫力のうちに、畏敬の念と神聖な気持ちを呼び起こすものである。エイコス(筋)やロゴス(言葉・理性)でなく、パトス(情念)による演劇なのだ。それはまさに「生」でしかできない体験だった。当日券で滑り込んだけど、観てよかった。ちょうど行った公演にテレビカメラが入っていたけど、あれをテレビで観てもこの興奮は得られないだろう。

 「無表情」というのは本当に恐ろしい。瞬きもせず、口も開けず、人形のように無機質に動いていく。そんなことは現実ではまずあり得ない。観ている間ずっとそんな違和感と恐ろしさを感じ続けていた。そうしたら、最後カーテンコールに出てきた時に、がらっと変わって役者がみんな柔らかい笑顔で出てきてお辞儀をしていた。どこかホッとするとともに、にくい演出だと思った。
posted by かっしー at 03:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

舞台「胎内」

 三好十郎という人が1947年に書いた作品「胎内」。この舞台があまりに良かったので、2回も見に行った。(10/7 14:00、10/16 18:00)新国立劇場は、学生当日券は半額だからね(^^)

 警察に追われている男と、その連れの女、元日本兵でやさぐれた男の3人が、変な巡り合わせで突然防空壕の穴に閉じこめられてしまう。死が目の前に迫ってくる中で見えてくる、人間の本性。普段の生活の中での偽りや、虚栄、排他感情がむき出しになる。生きる自信を失い、途方に暮れていた元兵士の男が、だんだん生きる自信を回復していき、「人間はいいものだ……」と最後に言い残して死んでいく、その言葉が何よりも切なかったし、リアルだった。誰もが、偽りの中で、それにあまり気づかずに生きている。「それでいいんだよ」と元兵士は言う。それは幸せなことかもしれない。でも、精神の極限でそれに気づいてしまった人の死は、悲痛さにあふれる。「死」という非日常的なものをここまでリアリティーの中でえぐれるのは、演劇ならではだと思った。これが映画や小説では、最後の死んでいく時のかすれ声や、妄想に震える影に、身震いできないと思う。生ならではの迫力。しかも小舞台で間近なのがいい。これぞ、演劇。

 ちょうどこの前、鴻上尚史「トランス」という戯曲を読んだ。高校同級生の男女3人がたまたま会う。その中のひとりの男が精神的におかしなことを言い出すのだが、実は3人とも妄想の世界に生きていて、誰が本当のことを言っているのかわからない。みんな狂っている。でも、それはそれで幸せなことだ、という締めくくりで、この戯曲は終わる。この戯曲の人物は、妄想を抱えながら生き続ける。別にそれでいいんだ。「あなたは私にとって大事な存在」というのは、たとえ妄想の世界が違っても、変わらないことだから。「胎内」を見て、「トランス」の中のそんな言葉を思い出した。人それぞれの世界は精神的に違っても、たとえ閉じこめられて外の世界とは隔絶されても、「人」を求め続ける、それが、結局はたどり着いてしまう幸せなのかと思った。
posted by かっしー at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。